限定告知型医療保険の新商品 「新・健康のお守り ハート」が発売されました

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の新商品のご案内です。
昨年 5 月に発売した「新・健康のお守り」がご好評をいただいていますが、健康上の理由等によりご加入をお断りするケースもございます。
そのようなお客さまにもできるだけ同様の保障内容をご提供できるよう、保障内容・保険料・告知項目等の見直しがされ、新商品「新・健康のお守りハート」が発売されました。


新・健康のお守り ハートの特徴

① 告知項目を限定し、引受基準を緩和した商品です。

・告知項目数を、従来の限定告知型医療保険の 5 項目から 3 項目(特則・特約の付加内容により、4 項目)に削減しました。

② 過去や現在の病気・ケガが悪化した場合でも保障します。

・病気やケガによる所定の入院・手術等の保障を終身にわたり確保できます。

・契約日からその日を含めて 1 年以内(削減支払期間)にお支払事由に該当した場合、給付金のお支払額は、通常の 50%相当額に削減されます(主契約・特則・特約 共通)。

③ 「新・健康のお守り」の特長を踏襲しています。

・入院保障について、日帰り入院から対象となることに加え、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)の通算の支払限度が無制限になります(従来:1,000 日)。

・手術保障について、支払の基準を約款記載の手術別表から公的医療保険に連動させる形式に変更しました。また、給付倍率により手術Ⅰ型(手術内容により 40・20・10・5 倍)・手術Ⅱ型(手術内容にかかわらず一律 5 倍)の 2 つの型を設けました。

④ 特則・特約を付加することにより保障を充実できます。

・限定告知医療用先進医療特約を新設しました(通算の支払限度は 2,000 万円)。

・三大疾病支払日数無制限特則※1を付加した場合、三大疾病による入院の 1 回あたりの支払限度(従来:60 日)も無制限になります。

・限定告知医療用特定疾病診断保険料免除特約※2を付加した場合、特定疾病(悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中)により保険料払込免除事由に該当したとき(所定の再発・転移を含みます)、以後の保険料の払込を免除します。

※1:4つの告知項目におこたえいただきます。
※2:限定告知型の医療保険向けの特定疾病による保険料免除特約は生命保険業界初!!(2015 年 2 月時点、当社調べ)

⑤ 保険料の低廉化を図り、また、契約年齢範囲を拡大しました。

・死亡保険金・生存給付金をなくすことなどにより、保険料の低廉化を実現しました。

・契約年齢範囲を 20 歳~80 歳に拡大しました(従来:40 歳~75 歳)。


※詳細はホームページの新・健康のお守り ハートのご案内ページ、もしくは営業担当者までお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました