お客さま本位の業務運営方針

お客様本位の業務運営に係る方針及び取組み内容について

株式会社ジャパンネクストは、創業以来お客様に寄り添い、お客様の人生設計に合わせて補償内容を一緒に考え、保険選びのお手伝いをさせていただいてきました
また、万一の時にその補償を受け取るため、保険金・給付金の請求手続のサポートにも取り組んでまいりました
今般、金融庁から《顧客本位の業務運営に関する原則》が公表されたことを踏まえ当社としてお客様本位の業務運営をより一層推進する観点から、当方針を定めると共に、当社におけるお客様本位の業務運営に係る主な内容を当取組内容として作成しました

株式会社 ジャパンネクスト
代表取締役 上原 純一

お客様本位の業務運営にかかる基本方針

方針① お客様本位の業務運営

  • 当社がお客様から選ばれ、紹介したいと思っていただける存在であるか
  • お客様の声(お褒め、ご不満、ご意見)をお届けいただき、今後も当社との取引を続けたいと思っていただけているか
  • 万一の時に、お客様が保障(補償)を受け取るための保険金・給付金の請求手続きのサポート等ができているか以上を総合的に判断する事ができる指標(KPI)を以下のとおり設定しますアンケート回答率 アンケート件数 【NPS】 事故対応窓口割合 

※今後は、当指標の中長期的なトレンドを用いてお客様本位の業務運営の取組状況・定着度合いについて定期的に検証・見直しを行い、お客様本位の業務運営をより一層推進してまいります

2019年度(2019.4 ~ 2020.3) KPI *1

FD方針の定着を測る共通指標 (KPI)

目標 結果
お客様アンケート回答率 20% 24.3%
お客様アンケート件数 100件 244件
NPS *2 50Pt 74.6Pt
事故対応窓口割合 70% 78.3%

*1 KPIとは、Key Performance Indicatorの略で、企業目標の達成度を評価するための重要業績評価指標のことです
*2 NPSとは、Net Promoter Score®の略で、顧客ロイヤルティを測る指標の一つです。お客さまアンケートにおける、「知人・同僚などにお勧めしてもよいと思うか」という推奨意向の質問に対して、回答があった件数のうち、「推奨者割合」(9点・10点を付けた人の割合)から「批判者割合」(0~6点をつけた人の割合)を差引いた数値です

方針② お客様本位の営業姿勢

  • 当社は、金融商品の販売等に関する法律にもとづき「勧誘方針」を制定・公表するとともに、お客様の状況やご意向を把握したうえで、それらに対応した保険商品をご提案できるよう研修やその他の体制整備に努めます

[具体的取組]

当社は、商品提案前に必ず保険商品に対するお客様のご意向を把握し、当該ご意向に対応した商品を提案の上、当該商品がお客様のご意向にどのように対応しているかも含めて分かりやすく説明します。また、お客様自身に自らのご意向に対応した保険商品であることをご確認いただく機会を提供します

ご提案する商品がお客様のご意向にどのように対応したものであるかを丁寧にご説明するよう努めており、更にお申込手続時においても、当該お申込内容がお客様のご意向に対応したものとなっているかどうかを改めてご確認いただきます

方針③ お客様本位の経営推進

  • 当社は、お客様のご要望に、誠実かつ迅速にお答えするとともに、お客様の声を大切にし、学び、業務運営の改善に努めます

[具体的取組]

当社は、お客様から寄せられたご意見、ご要望、ご不満等を「お客様の声」として真摯に受け止め、一人ひとりの「お客様の声」に、誠実かつ迅速にお応えするために、毎月の全体会議で原因分析と再発防止策について全員で意見を出し合います

方針④ お客様本位の方針浸透に向けた取り組み

  • 当社は、当社社員があらゆる業務において、お客様本位で行動していくため、研修体系等の整備及び当方針の浸透に向けた取組を進めます

[具体的取組]

当社は、社員が保険商品の内容・仕組み等への理解を更に深めるとともに、お客様のご意向に対応した商品提案ができるよう、保険会社研修と社内勉強会を毎週行っています また、損保最上位資格の【損害保険トータルプランナー】、金融商品、社会保障制度、不動産、税務、相続等に関する豊富な知識を有する【ファイナンシャルプランナー】を全員が取得し、その他にも住宅ローンアドバイザーや公的保険アドバイザーなどの資格取得を推奨しています

タイトルとURLをコピーしました